中野市

田舎過ぎない「ちょうどいい田舎」がここにあります。

兎追いしかの山 小鮒釣りしかの川 夢は今も巡りて 忘れがたき故郷♪
誰もが知っている唱歌「故郷」。
その作詞者・高野辰之が生まれ育った中野市には、豊かな自然、美しい山々、日本のふるさとの原風景が今も広がっています。
一方で、スーパーやホームセンターなど大規模店舗もたくさん!総合病院もあります!
高速道路のインターチェンジが2つあり、新幹線駅にも近く、東京へのアクセスは最速で2時間と、首都園とのアクセスは良好です。
田舎ながらも生活に不便がない、田舎過ぎない「ちょうどいい田舎」がここにあります。
農業が盛んで、全国有数の品質と生産量を誇るきのこやりんご、ぶどう、桃、さくらんぼなどの果樹も自慢です。

2020年10月、中野地域職業訓練センター 2階にコワーキングスペースがオープンしました。
フリーランスの方が気軽に使えるワークスペース、出張の際の仕事場、テレワーカーがコミュニティを作る場所など、多様にご利用いただけます。
ご自身のPCの持参は元より、備え付けのPC(Windows・Mac)を使って仕事をするなど、使い方は自由です。
また、2021年秋には「関係人口創出」をテーマとして、都市圏からのテレワーク需要をターゲットとした宿泊もできるコワーキングスペース等の複合施設がオープンします。
田舎ながらも生活に不便がない、田舎過ぎない「ちょうどいい田舎」が皆さまのお越しをお待ちしております。